ブランの備忘録

主に個人の備忘録です。

ミサイル万能論の虚構。その3

 実はその3でこの連載おわりそうです。さて、前回はアメリカ空軍は純粋な制空戦闘機を持っておらず、そのためベトナム戦争でケチョンケチョンにされたというところまで話しました。決してミサイル万能論ではないのです。しかし、アメリカ海軍は違いました。そう、海軍は。

 その1で見た6つの機体のうち、唯一機関砲を搭載していなかったのが、アメリカ海軍が使用していたF-4です。ということは、このF-4はミサイル万能論にどっぷりつかって開発されたのか?というと実はそうではなかったりします。F-4が機関砲を搭載していなかったのには深い(別に深くはない)理由があるのです。

アメリカ海軍の事情

 まず、F-4が登場する以前、アメリカ海軍は純粋な制空戦闘機を作り続けてきました。そしてあのF-8が登場します。このF-8は純粋な制空戦闘機であり、機関砲を搭載、運動性能も重視されていました。

 しかし、このころからある懸念がアメリカ海軍の脳裏をよぎります。敵の爆撃機です。もし敵の爆撃機が自軍の制空戦闘機の射程の届かないところから対艦ミサイルを大量に放ってきたら…当時の艦載兵器ではとても防げたものではありません(現在でも大量に打ち込まれたら厳しいが)。そこで考えだされたのが艦隊防空戦闘機です。これは、敵の爆撃機が対艦ミサイルを放つ前に目視外の距離から長距離空対空ミサイルを放ち迎撃し、味方艦隊を守ろうというものです。この艦隊防空戦闘機第一号こそがF-4なのです。

F-4の役割

 F-4の役割は、目視外の距離から長距離対空ミサイルを放ち敵爆撃機を撃破することです。ここで、重要となってくるのは「目視外」です。まず、目視外で攻撃するので運動性能は重視する必要がありません。敵の見えない距離から曲芸飛行しても意味ありません。そもそもこのF-4の相手は戦闘機ではなく爆撃機です。爆撃機相手に運動性能なんていらないのです。そして、長距離空対空ミサイルですが、目標が爆撃機なので誘導精度や運動性能は重視しなくてもよいのです。相手は鈍重で運動性能は悪く、速度も遅いのですから。

併用こそが大事

 さて、アメリカ海軍はF-4をめでたく採用しました。そしてここからがアメリカ海軍の素晴らしところで、F-4を採用したのにも関わらず、F-8は退役させなかったのです。F-4は艦隊防空戦闘機、F-8は制空戦闘機としっかりと分類し、両者を併用していたのです。そのおかげでF-8はベトナム戦争でMiG相手に活躍し、ミグキラーと呼ばれるようになりました。というかこれ、F-8以外にMiGの相手のできる機体がなかったのがより顕著になる愛称ですね…。そして、本来F-4ベトナム戦争で戦闘機の相手をするはずがありませんでした。なんせ艦隊防空戦闘機ですから。しかし、この機体が空軍に採用されてしまい、対戦闘機戦闘、それも目視内での戦闘という想像もしていなかった戦場に放り込まれてしまいあのような結果となったのです。つまり、F-4がMiG相手に手も足も出なかったのは当たり前の話であり、それを対戦闘機戦闘の戦場に持ち込んだ空軍が悪かったのです。

空軍のメンツは丸つぶれ

 F-4ベトナム戦争でケチョンケチョンにされたイメージがありますが、実はそうではありません。米軍の機体では最も多くのMiGを撃墜しています。ちなみにF-4の次にF-8が多くのMiGを撃墜しています。一方空軍独自の機体は悲惨なものでした。F-105はなかなか善戦したもののやはり撃墜数ではF-4やF-8に劣ってしまいます。海軍のF-8が活躍し、そして空軍で活躍したF-4は海軍から流れてきたもの、とあっては空軍として悔しくて悔しくて仕方のないことなのです。しかも近接航空支援機としてその有用性を証明したA-1も海軍からの流れ者。もう、空軍は恥ずかしくて仕方なかったはずです。

大正義F-15

 そして、空軍は目覚めます。今まで自らが進んできた戦略爆撃一筋は間違っており、これからは純粋な制空戦闘機を中心とすべきとようやく気付くのです(実は気づけていなかったりするのだが)。そしてほぼ99.9%ジョン・ボイドたちの手柄でF-15を作り上げ、その後F-16なんてバケモノも手にしてしまいます。こうして、アメリカ空軍は現在へつながり、誰も文句の言えない世界最強の空軍になったのです。

一方海軍は

 ベトナム戦争までは、おっ海軍やるじゃんと思っていましたがじつはここからズルズルと急降下していきます。そう、F-14の登場です。F-14は世間ではかっこいいつよいで通っていますが、実は結構駄作機だったりします。というのも、まずコストが高すぎるのです。なんせ可変翼というシロモノに手を出してしまったのですから。長距離空対空ミサイルのAIM-54もこれまた微妙な仕上がりで、どうもパッとしないままその生涯を終えます。まあ高性能のレーダーは評価すべきでしょうね。あと見た目。

 F-14は高価になることは実は結構早い段階で判明しており、議会から文句を言われていました。このころ空軍はLWF計画を進めており、F-16勝利していました。議会からはF-16を採用したら?との声が上がります。このF-16は本当に完成度が高く、少し改造すれば艦載にも十分耐えうるシロモノでした。しかし、ここは海軍。空軍と同じ機体を採用したらメンツが丸つぶれになってしまうとなんと敗者であるYF-17を改造して採用することにします。曰く、「単発だといざって時に心配」だそうですが、いや…あんたらいままで散々単発機(A-4、F-8などなど)運用してますがな…。かくして、YF-17を改良したFA-18を採用し、運用していくことになるのです。

ミサイル万能論の虚構。その2

 日にちが開いて忘れる前にどんどん書いていきます。個人的に思ったことをただひたすら書いているだけです。

そして米空軍は爆撃機クラスタになった

 第二次大戦でアメリカを中心とする連合側は勝利しました。まちがってもチョビ髭ヒトラーや丸眼鏡トージョー悪の枢軸側が勝利することはありません。いつの時代も正義が勝つのです。で、なぜアメリカは勝利できたのか。よく圧倒的な物量差で勝利したといわれます。たしかにそれもあるでしょう。まあ日本は物量以前の技術的格差の問題でしたが。しかし戦略爆撃についてはあまり触れられません。この戦略爆撃こそが、第二次大戦、そして冷戦を通してアメリカ空軍(陸軍航空隊)の主なテーマとなるのです。

 アメリカ陸軍航空隊は第二次大戦に戦略爆撃をしまくり、それだけでドイツと日本を負けに追い込みました。そこで、陸軍航空隊は思い込んでしまうのです。

「あれ?爆撃機だけでよくない?」

地上部隊がドイツの機甲部隊相手に一生懸命頑張ったとか彼らには関係ないのです。彼らは本気で自分たちのおかげで第二次大戦で勝利できたと思っていたのです(知らない)。そして、終戦間際、彼らは核兵器を手にしてしまいます。戦後空軍として独立した彼らは、今後発生する戦争は以下のような手順で勝つつもりでした。

開戦→直後に核兵器を搭載した爆撃機を離陸させる→敵の首都や主要都市にそいつを落とす

実に単純ですね。では、上記の流れで登場する航空機はなんでしょうか。見事に爆撃機だけですね。

 その結果アメリカ空軍はソ連の主要都市にひたすら核兵器を落とすためだけの爆撃機をつくることになります。はじめはB-52など高高度を飛来する爆撃機を所有していましたが、地対空ミサイルが実用化されると、より高速で飛行可能な爆撃機を開発することになります。ぼくの大好きなB-58 ハスラーがその一つです。

 そして技術の進歩により核兵器が小型化し、より小型な航空機にも搭載できるようになります。そこで戦闘爆撃機の登場です。戦闘機サイズの航空機に核兵器を持たせ、低空を超音速で飛行し、敵に核兵器をぶち込むのです。さて、ここで注意したいのは、当時アメリカ空軍のお偉いさんが考えていた戦闘爆撃機と我々が現在お目にする戦闘爆撃機には大きな隔たりがあるということです。現在の戦闘爆撃機は、精密誘導兵器や空対地ミサイルを駆使したあくまで戦術レベルでの対地攻撃を行う機体です。しかし、当時の戦闘爆撃機とは、ただひたすらに核兵器を敵中心部にぶち込むための戦略レベルでの機体なのです。まちがっても「陸軍がかわいそうや。せや!上空から支援してあげよう!」という優しさではないのです。

戦闘機のない空軍

 さて上記の説明で分かる通り、戦闘機による航空優勢の確保など彼らには眼中になかったのです。その結果どうなったのか、制空戦闘機は見事に全滅しましたとさ、めでたしめでたし、となります。もう少し詳しく話すと、爆撃機と戦闘爆撃機、敵爆撃機を迎撃するための迎撃機、そしてその他必要最低限の航空機以外、彼らはF-15の登場まで所持しなかったのです。

 これは本当に狂っているわけです。本来空軍の一番の任務は予算を貪る…ではなく、「制空戦闘機による戦域上空の航空優勢の確保」です。彼らはこの一番重要な任務を放棄してしまったのです。「その1」でとりあげた、空軍が独自に保有していた4つの戦闘機のうち、純粋な制空戦闘機はひとつもないのです。

運動性能?はたして必要かね?

 さて、ここまでくればなぜ「その1」でとりあげた4つの機体の運動性能が不足していたのかお分かりだとおもいます。そもそも戦闘機と戦うために作られていないのです。ただしF-100は別です。こいつは純粋に制空戦闘機としてつくられましたが運動性能は前任のF-86以下、そして当時のアメリカ空軍に制空戦闘機なんてジャンルがないため、戦闘爆撃機に分類されました。こいつらの第一の目的は核兵器をぶち込むこと、戦闘機と戦うことなど考えられていないのです。しかし、機関砲は搭載されました。実はこの辺が謎で、なぜ核兵器をぶち込むだけなのに機関砲を搭載したのかずっと疑問なのです。おそらく"戦闘"と分類に書いてある以上メンツを保つためにつけられたのかと(憶測だらけ)。

 ともかく、ベトナム戦争で戦ったアメリカ空軍の戦闘爆撃機ベトナム空軍の使用するソ連製戦闘機に手も足もでませんでした。完全に方向を見誤っていたです。

 

 一方海軍は違いました。次回はそのあたりを見ていきます。

ミサイル万能論の虚構。その1

 技術系の備忘録のはずが、なにをトチ狂ったのかこんな記事を投稿してしまいました。ゆるして

はじめに

 ミサイル万能論とは簡単に言えば、「ミサイル最強じゃね?てか機関砲いらなくね?強力な運動性能もいらなくね?」っていうかんじです。しかしこのミサイル万能論は1950年代~1960年代当時には早すぎました。現在こそAIM-9XやIRIS-T、ASRAAM、そしてわれらのAAM-5の登場でミサイルの誘導精度と運動性能は格段に向上していますが、当時は誘導精度や運動性能がひどく、太陽に向かって飛んでいくこともあったそうです。そこで、当時の空軍関係者は、「やっぱり格闘戦が一番だね。」となり、運動性能が重視され、機関砲を搭載した戦闘機がつくられるようになったわけです。

 

 というのが一般的なミサイル万能論の見解です。この理論はベトナム戦争でアメリカ空軍がベトナム空軍にボコボコにされた理由としてよく出されます。しかし、当時アメリカ空軍がフルボッコにされたのは本当にミサイル万能論が理由なのでしょうか。この連載ではそれについて超個人的主観を交えて語ります。

ベトナム戦争でのアメリカ空海

 ではまず、アメリカ空軍および海軍がベトナム戦争に投入したおもな戦闘機をあげてみましょう。(戦闘爆撃機も含みます)

・F-100

・F-104

・F-105

・F-111

F-4

・F-8

F-101は偵察任務で使用されたので除外しています。上4つは空軍、F-4は空軍と海軍の両方、F-8は海軍が運用していました。では軽く個人的な主観を交えながら少し解説を。

 まずはF-100のすーぱーさぶれ君。この子はノースアメリカンが開発しました。そう、あの第二次大戦最優秀戦闘機とうたわれるP-51や、朝鮮戦争で世界で初めてジェット戦闘機同士の戦いをMiG-15と繰り広げたF-86を開発したメーカーです。このF-100は当初はF-86の後継として純粋な制空戦闘機としてつくられた…はずでした。しかしその中途半端な性能や空軍のせいで…

 お次はF-104、愛称は三菱鉛筆。直線番長として名高い人類最後の有人戦闘機(大嘘)です。実はあまり知られていませんが、こっそりとベトナム戦争に参加していたのです。そして、任務の性質上仕方のないことですが敵戦闘機を一機も撃墜できませんでした。ちなみに撃墜はされました。

 お次はF-105、愛称はサンダーチーフ。無駄にかっこいい。このF-105はWild Weaselとして運用されたG型が有名です。死ぬ覚悟で敵地上レーダーに突っ込んでミサイルをぶっ放してヒャッハーするやつですね。個人的にはエリア88で結構イメージが焼き付いています。

 F-111はもはや伝説。あの天才マクナマラが「なんで空軍と海軍は別の戦闘機使ってるの?非効率すぎるでしょ。せや、統一すればいいやん!」と余計なことを思いついてしまい、ジェネラルダイナミクスが開発してしまいました。世界初の実用可変翼機としても有名です。ちなみにこんな駄作機をつくったジェネラルダイナミクスは後にF-16という傑作を生みだしてしまいます。なんというか、ほんと世の中分からないものです。

 お次のF-4はもともとは海軍が運用していました。しかし再び登場マクナマラが、「お前ら仲良く戦闘機を共通にしろ」命令を出したことにより、空軍がF-110としてしぶしぶ採用しました。そう、本当にしぶしぶです。後に命名統一で空軍もF-110からF-4と名前を変えます。

 最後はF-8です。この戦闘機、日本での知名度は無駄に高いです。理由は例のエリア88。主人公が乗っていた機体として登場し、「なぜか日本で知名度が高い戦闘機」としてF-20、JAS 39とともにトップを飾る戦闘機です。これ以上解説すると後々のネタバレになるため省略。

 

 さて話を戻します。ほとんどの方曰くベトナム戦争でアメリカ空軍はミサイル万能論のせいで負けたそうです。ということはほとんどの機体は機関砲を搭載していないはずです。では上記の機体で機関砲を搭載していない機体を列挙しましょう。

F-4

……。以上です。はい。(F-111は状況に応じて機関砲を搭載できるようになっています。常時機関砲を搭載していなかったのはこいつだけ)上にあげた6つの機体のうち、機関砲を搭載していないのはこいつだけです。こいつ一機が機関砲を搭載しなかったせいでミサイル万能論に結び付けられるのです。ここまできたら疑問ですよね。本当にミサイル万能論なのか、というかそもそもミサイル万能論なんて存在したのでしょうか。先にネタバレしちゃうと、アメリカ空軍がベトナム戦争でボコボコにされたのはミサイルではなく(もちろんそれもあるが)、深刻な運動性能の不足だったのです。次はなぜ運動性能が不足していたのかを見ていきます。そして、この連載を読み終わるころにはあなたはアメリカ海軍ダイスキネーになっているはず。

Wallpaper Engineで自作プログラムを動かす

最近Wallpaper Engineが日本でも流行っておりさまざまな記事が書かれています。しかし、どの記事も導入方法や壁紙の変更方法だったりで、自分でプログラムを作った場合の動かし方はあまり書かれていません。ということで、この記事では自分でプログラムを作ってそれを壁紙として動かす方法をだらだらと書いていきます。(まあといっても簡単ですが…)

Wallpaper Engineのすごいところ

前回の記事でも言いましたが、このWallpaper Engineの本当にすごいところは.exeが壁紙にできちゃうところなんですね。ということは、もう、壁紙をゲームにするしかないでしょう!ということで簡単に.exeで動くものを作って壁紙にしていきましょう。

なにで.exeのゲームをつくるか

だれでも簡単にできるのは、やはりUnityではないでしょうか。また、最近ではUnreal Engine 4も日本で流行り始めています。(Ace Combat 7でも採用されましたね。)しかし、ドキュメントの多さではまだまだUnityなので今回はUnityを使って作っていきたいと思います。

しかし、ここでUnityの使い方を説明するつもりはありません。記事が長くなるし、そのようなことはほかの方がたくさん書かれていますから。この記事ではビルドから書いていきます。

手順その1、ビルド。それだけ

ではビルドからしていきましょう。<File>から<Build Setting...>を選択します。そして壁紙にしたいシーンを追加します。そしてここで注意点。これも前回の記事で書きましたが、Wallpaper Engineは.exeの場合x86しか対応していません。なので、Architectureはx86のままにしておきます。

f:id:mjx1020:20170314234943p:plain

私は初めてやったときにx86_64にしてしまい、Wallpaper Engine側でエラーが起こりました。

 

はい。終了です。あとはWallpaper Engine側で左下の<ファイルから開く>を押して作成した.exeを選択するだけです。

 


こんな感じになりました。

UE4でもやってみた

慣れないUE4でもビルドして(UE4用語ではパッケージ化)やってみました。

 

Wallpaper Engineで遊んでいるお話

先日SteamでWallpaper Engineを購入しました。まだ使って間もないですがとてつもなく面白く、夢が広がるというのはわかりました。

なにがすごいって.exeも実行して壁紙にできちゃうところなんですね。以下は私がUnityで簡単に制作した壁紙の様子です。


こんなかんじにできちゃいます。なお注意する点があり、必ずx86でビルドしてください。x86_64でビルドしちゃうとWallpaper Engine側がエラーを吐きます。